スポンサードリンク

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

■エールフランスの墜落事故

遺体は回収できないかもしれないって・・・仕方が無いのかもしれないけど、遺族にとってはとてもツライ事実ですよね。こういう事故は本当になくなって欲しいです。
雷が原因で墜落とも言われていますが、飛行機って雷があたっても平気じゃなかった?

2009年6月3日、リオデジャネイロから乗客乗員228人を乗せてパリに向かっていたエールフランス機が消息を絶った事故で、ブラジルのジョビン国防相は「空軍が残骸を発見した海域が飛行機の墜落現場であることは間違いない」と述べた。新華網が伝えた。ジョビン国防相は同国空軍が捜索を行っている大西洋上で油漏れが発見されたことから、「エールフランス機は爆発を起こしていない」とする見解を示した。同空軍はなおも生存者の捜索に全力をあげているが、今のところ発見されていない。同海域の水深は2000mから3000m。そのため、「遺体が見つかったとしても回収作業は難しい」としたが、「事故から6日後に遺体が浮かび上がってきた例もある」と語った。
<仏機墜落>生存者・遺体ともに発見できず―ブラジル国防相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090605-00000006-rcdc-cn

スポンサードリンク

スポンサードリンク

生保レディ特選ニュース

yafunews

Author:yafunews
生命保険の営業をする私の備忘録。生命保険の営業トークに使えそうなニュースや生命保険・損害保険関連の記事を書き溜めます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。